ライブなどのイベントスタッフの仕事内容と日給相場

イベントスタッフの仕事は、音楽などのイベントのライブコンサートなどに携わることができる仕事で、学生などの若者を中心に人気が出ている仕事です。
話題性が豊富なイベントとなると、その仕事をしたことを誇りに感じ、友人や知人などの話のネタにもなることができ、日給も良かったりする面もあるため、根強い人気があります。

仕事内容もイベントの種類によって様々とあり、グッズ・チケット販売、会場案内、会場設営・運営、販売支援・警備などの種類が存在します。
イベントスタッフには大きく分けてライブの設営スタッフと運営スタッフの二つのタイプの種類があり、設営スタッフは主に会場の設営を担当する仕事となります。

これはライブコンサートを開催する前に設営を行うスタッフで、ライブで使用する機材の搬入・運搬などの力仕事が主流となります。
一方、運営スタッフは、イベント開催当日に警備や受付などの仕事を行うスタッフで、大勢の人を相手にします。

仕事内容の種類によっては難易度の違いも存在し、中には楽なタイプと忙しいタイプの仕事に分かれます。
運良く楽な仕事を担当するとやりがいを感じることもできるので、また希望して働きたいと感じることも多くなります。

イベントスタッフの仕事は原則としてマンパワーを必要とする仕事に分類されますが、専門の人がいるため、その専門の人の指示を受けて働くことが可能です
。コミュニケーション能力を必要とする仕事もありますが、基本的に黙々と与えられた作業を事務的にこなす仕事もあります。

日給については最低1万円〜となっており、それも現場によりまちまちですが、中には1万5,000円程度の給料を貰える仕事もあります。
イベントスタッフは、その仕事内容から常時あるわけではなく単発の仕事が多いですが、その分、日給も割高になる傾向も強いです。

アルバイトの求人については、求人サイトや求人雑誌、タウン誌など様々な媒体で求人募集がなされ、人材派遣会社に登録しておいて希望しておくと、その求人案内をメールで送ってくれることもあります。
面接もイベントスタッフの仕事内容に応じて違いますが、基本的にマンパワーの仕事を特徴とするので採用される確率が高いです。
日給が高いことから学生やサラリーマンの副業にも活用できる仕事で、空いた時間を有効に使う為、片手間で稼いでいる人も多くいます。