バイトでも勤続年数が長くなればカードローンの利用もできる

バイトでも勤続年数が長くなればカードローンの利用することができます。
同じ職場で長い期間働けば、カードローンの審査における信用力が高くなっていくのです。
バイトを転々とする人に比べれば収入面でも安定しているので、カードローン業者側からしても安心材料となります。

ただし気をつけたいのは、2010年に総量規制が施行されたことです。
この法改正よって消費者金融のカードローンに申し込む場合には、年間の収入金額の三分の一が借入金額の限度額になります。
このためバイトで稼いだ年収が90万円の人は、原則借入限度額は30万円になります。

この総量規制では、収入がないとカードローン自体申し込むことができないことになりますが、バイトで勤続年数が年単位と長い場合には、職業を持っており安定した収入があるので、カードローンを申し込むことができるのです。

総量規制は貸金業法という法律の一部で、対象となるのは消費者金融と信販会社なので、銀行カードローンは関係ありません。
銀行の場合は低金利な上に総量規制の対象外となるのですが、消費者金融のカードローンよりも審査が厳しく主に正社員向けとなるのでバイトの方には不向きなので、バイトの方が事実上申し込みが可能なのは、総量規制の対象となる消費者金融のみとなります。

総量規制では、例外規定が三つ設けられており、以下のローン(借り入れ)については無視する事ができます。

一つ目は、住宅ローンです。
ローン金額自体が大きく、年収を超えてくるので、これは最初から総量規制から外れています。

二つ目が、自動車ローンです。
これも、ローン残高自体が多額になるので、はずされています。

三つ目が、医療費ローンです。
医療費ローンの多くが、保険適用できないからローンを組むのであって、命にかかわることと、医療費自体が高額になることから、これも総量規制から外れています。

カードローンの利点は、日本全国のコンビニのATMでいつでも引き出すことが出来きたり、お金が必要になった時にすぐに振込融資をしてくれたりと、とにかく現金が必要なときに手軽に借りられることです。
しかしデメリットとして金利自体が高いので、できるなら無利息サービスをしているカードローンを利用するといいです。

先述のように、低金利の銀行で借りられるのが理想ですが、バイトの場合は審査に落ちる可能性がほとんどなので、選択肢としては消費者金融のみとなります。
その消費者金融の高い金利を補ってくれるのが、アコムやプロミスが展開している無利息サービスです。
これなら審査に落ちる可能性を最も下げる事ができ、金利○パーセントという見た目の数字よりも利息負担を減らす事ができます。

なお、カードローンを申し込む際には、免許証以外に年収を証明する書類の提出を求められる場合があります。
消費者金融の場合50万円以上の借入、又は他社とあわせて合計100万円を超える借入申請する場合に、収入証明書を提出してくださいといわれます。
会社員であれば源泉徴収票がいりますし、個人事業者であれば確定申告書の写しなどが必要になります。
バイトの場合は勤務先からもらえる給料明細を直近2〜3か月分提出すれば問題ありません。

収入と借入希望額、他社からの借入の有無、個人の信用情報など総合的に判断されて審査結果が出ます。
信用情報では正社員よりもバイトは返済能力が低いと見なされてしまうので、既にどこかのカードローンを利用している場合には新たに借りる事は難しいです。
しかしバイトやパートの人でも平均して10万円前後の金額であれば、そこまで借りるのは難しくありません。